アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ケフィア繰り生き物の洞穴(無職)2
ブログ紹介
日記と、創作関連、趣味のブログ。
zoom RSS

日記。

2018/02/20 17:15
エロの研究のために

エロ作品を読み漁る度に

エロへの耐性が上昇して

感性が鈍くなり

エロがなんなのかわからなくなってしまうという

嫌なループに入ってしまった🐬

もうちょっと頑張って

出口が見つからなかったら

抜きゲー作るの止めて

別ジャンルに手を出してみようかな🐬

けど🐬

エロをやるぞって気負った今年に

エロいものがツクれなかったら

多分一生無理なんだろうな🐬

どうしたものか🐬





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2018/02/18 21:09
前に思いついた大がかりな奴とは別に

バーチューバーの

出落ちネタを思いついて

『これならデビュー即引退してオチが付けられるし、二週間くらいあれば出来そうだな』

と思ったんだけど

自分の声撮るってハードル高いよな🐬

やるなら絶対にボイチェンかますけど

声の高さを変えたところで

絶対にオタク=イントネーションが丸出しになって

「怖かろう……恥ずかしかろう……! たとえ声を加工しようと……心のキモさは隠せないのだ!」

みたいな感じになって

裏世界でひっそりと幕を閉じそう🐬

悩むね🐬




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一休み。

2018/02/13 16:14
普段は

自分の絵が壊滅的にシコれないことを

自覚しつつも

『え……絵だけがゲームの全てじゃないから……』

などとちょろまかして活動してるんだけど

今作っているのが

調教ゲーム🐬

すなわち抜きゲーなわけで🐬

絵の占める割合が四割くらいを占めるジャンルなわけで

現状🐬

とてもとても

『どうぞ🐬自分の絵でシコって下さい』とは

言えないので

もうちょっと何とかしたいな……と思ってしまって

あと何故か背中脇腹が傷んで辛いので

ずっとゲームばっかりツクってきたけど

しばらく休暇を取って

絵の研究をしようかなと思いました🐬

それと🐬

バーチューバーの脚本を書いてみたい🐬
(動画まで作るのは無理だけど)

全く反響が無いけど

なろうの方は毎週更新しているので

別にゲーム制作をサボってもええやろ🐬

それではまた🐬






記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


日記。

2018/02/12 14:23
『ダンまち』を

ストーリーは今一歩物足りないなと感じながら

『文章がナンカイイ』からという理由で

チマチマ読み進めていたんだけど

アニメよりも後の範囲に行ったら

ストーリーもモリモリ面白くなってきた感が有って

普通に

『ダンまち今のラノベで一番面白い説』が出てきた🐬

まあ🐬

普段ラノベ読まんから

語れるほど詳しくないんだけど🐬

これに比べると

自分のやっていること(文章)は

如何にも児戯だと感じてしまうなー🐬

いつまでも「俺は構成マンだから……(震え」とか言ってないで

頑張らんといかんな……と思いつつ🐬

重度花粉症の自分がこの季節に体調を崩さないのは無理だと悟った🐬
(一年ぶり二十度目)





記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


フェチ。

2018/02/07 11:48
画像



『ネトラレジスタンス』の絵が

『何か良くわからんけど凄く良いな』と思っていて

単純に画力が高いので

『むぅ……俺は画力の高さに惹かれているだけなのかしらん?』と

悩みながら絵を眺めていたんだけど

今日ようやく

キャラクター全員が三白眼であることに気付いた🐬

『俺って三白眼フェチだったんだ……!』

目から鱗が落ちて

『ありがとう! 自分に気付かせてくれてありがとう!』

となったので

次回作の絵を全部三白眼に書き直そうと思った🐬







記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


使い回しおじさん。

2018/02/04 13:30
画像



キャラの設定🐬性格🐬外見などを

積極的に使いまわしている🐬

自分は割と

作品を粗製乱造する方なので

『すぐに使い捨てるキャラを真剣に考えるのめんどくせーな』

と思ってしまって

使いまわしをしているのだが🐬

流石に🐬

『ただ使いまわすのは癪だな』と思って

一応は

自分を納得させるための設定を考えている🐬

それは🐬

『「ダハーカ世界系」における世界の多くは同一の「ダハーカの夢」を設計図の因子として作られるため🐬因果の共通点が生まれ🐬結果として似通った特徴を持った人物が別々の世界に誕生する』

『同一人物と見間違えるほどに似通って生まれた存在を「異世界同位体」と呼ぶ』

とかいう

まあ意味がわからない設定なのだけど🐬

意味がわからないなりに

自分を納得させてやりくりしている🐬

例えば『宵闇』のフォウルと

『キャットライン』のオカは

同じ顔のつもりで書いてるんだけど

それに対するケンジの反応とかは

面倒臭いので省いた🐬

まあ🐬

『ダハーカの夢』なんて設定

今までの作品で出したことは無いし

多分これからも出さないと思いますが🐬

一応

○○と○○は『異世界同位体』だなだとか

意識してキャラを作っていたりする🐬

……それがどうした🐬

それでは🐬













記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コメ返し。

2018/01/30 16:11
>Aggさん リオンが最後に着いてきた理由

……実は違います🐬

キャットライン(バタフライも含む)では

より過去に遡った者ほど大きな影響力を持つようになっています🐬

たとえば

バタフライにおける『時の見守り手』は

主人公達が何度時間移動を繰り返しても

変わらず存在しますが

主人公達が始まりの時代に戻った瞬間に

影響力を失って消滅しています🐬

キャットラインにおいて

最も過去にまで戻ったあの時代のオカは

タイムマシンを使った者の中で

一番の影響力を持っているということになります🐬

なので🐬

あの時代のオカの影響で産まれてくるリオンは

現代に近い時代で変動が有っても

消滅することは有りません🐬

ただ🐬

リオンは『こっちの世界』で産まれた存在なので

『あっちの世界』には当然存在しません🐬

リオンが最後に着いてくるようにしたのは

『一人だけ仲間外れなのが可哀想だから』という

心情的な理由だったりします🐬

ですが🐬

『タイムトラベラー』と『本来の自分』は

『別々の存在』であり

『タイムトラベラーではないリオン』が

別に存在することになるので

そっちのリオンは

オカ達に出会うことなく

『こっちの世界』で

人生を送っていくことになります🐬

SF的な理屈ではなくてすいません🐬

それでは🐬





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ケフィア繰り生き物の洞穴(無職)2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる