アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


日記。

2017/02/28 12:18
画像

(挨拶)




画像



漫画幼女戦記読僕「ターニャちゃんかわいいいいいいいいいいい!」

アニメ幼女戦記見僕「はぁ……このデグレチャフとかいうオッサン
              とっとと撃墜されねえかな

何故なのか。








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/27 12:52


血ではなく心で繋がった家族ほんとすこ。(挨拶)

……。

安くなっていたので

『ギルティギアイグザードサイン』を触ってみた。

ギルティは超難しそうなので

真面目に対戦したりするつもりは無いんだけど

『ストーリーモードが結構凝ってるよ』という

甘言に釣られてついつい手を出してしまった。

それで、ストーリーモードなんだけど

ストーリーパートの間にちょくちょく格ゲーパートが混じって進んでいくもの

勝手に思ってたんだけど

実際にプレイしてみたら

格ゲーパートは全く無くて

ひたすらストーリーを眺めるだけ

という構成になっていて

『えっ? 格ゲーでこんなこと許されるんだ?』と

ちょっとしたカルチャーショックを受けてしまった。

それにしても

元がバトル物のストーリーモードなんだから

バトルシーンが一杯有るはずだと思ってたんだけど

特に序盤は

ひたすら専門用語を交えてキャラが会話するだけ

ほとんどアクションシーンが無くて

あと、キャラが何故か十傑集走り

ダブルでびっくりしてしまった。

けど、一番びっくりしたのは

勝手に気のいい兄ちゃんだと思っていた主人公のソルが

実は気難しいオッサンだったということだった。

……。

したらな!





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


進捗。

2017/02/26 12:40
次回作のシナリオ、

ようやく半分ほど書き上がる。

このペースで行けば二十日後には

完成するはず。

プロットはそんなに分量無いんだけど

推理ものは冒険ものと違って

色んなことをきっちり説明していかないといけないので

想像以上のシナリオ量になってしまっている。

戦闘が無いので総プレイ時間はわからないけど

ストーリー部分だけだと

ひょっとすると今までで最長になるやも。

シナリオ完成からゲーム完成に

三ヶ月くらいは欲しいなとなると

完成は六月前半くらいになるのかな?
(知らんけど)



アライさんは獰猛な害獣だと聞いたのだ。

けど、動画で見てる分には元気が有って可愛いのだ。

躾けたら自転車にも乗れるのだ?

凄いのだ。

幼女婚記 | 祁答院諒真 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=61580926



漫画によってターレルに目覚めて

『アニメでもより一層ターレルを盛り上げるぞー!』

と士気が高かったターレル派同士諸君が

アニメの話が進むごとに

アニメスタッフの卑劣なターレル機密文書焼却作戦によって

次々と鏖殺されていった。

二次創作は全く盛り上がらず

pixivの漫画イラストも片手で数えられるほどという

さながら焦土と化したターレルの地。

ほんの僅かに生き残った兵達が

細々とゲリラ活動を続けるのみだったにも関わらず

何の躊躇も無く

このタイミングで

迷いなく

ターレル長編漫画をぶち込んでくる

同士の気高さに

私は敬意を表する。

世界よ、西又よ、これが二次創作だ。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/25 15:45



わたあめを洗わないことを覚えたのだ。

アライさんは賢いのだ。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/24 16:32


アリクイちゃんは

大型の人間様相手に

やけに可愛らしい威嚇のポーズを取ってるけど

こんな可愛らしい威嚇のポーズ

普通に大型の猛獣にやったら

容赦なく食われる気がするんだけど

どうなんだろう。





アフリカオオコノハズクちゃんは

格下を威嚇する時は羽根を広げて

格上から隠れる時は細くなるらしい。

けものフレンズは色んな動物の習性を

さりげなく描写してきたけど

この面白い習性を描写しないの勿体無いなと思う。

例えば

高圧的な時は

アホっぽい威嚇のポーズを取って

火に怯えてる時なんかは

細くなろうとするけどフレンズの体だから出来なくて

アホっぽい細くなるポーズを取ったりしたら

愛嬌が増したのではなかろうか。

というか




博士が助手に食われることがあるって聞いて震える。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コメ返し。

2017/02/23 21:40
>隠棲さん ジャパリパークは、Uttarakuru (倶盧洲)にある

自分は仏教オタクのように見せかけておいて

実は座禅が好きなだけのパンピーなので
(最近座ってないけど)

専門的な知識はさっぱりわかりませんが

あの民明研究所が言うのであればおそらく正しいのでしょうね。

勉強になりました。


>さたけるさん キャットラインのレビュー書いた

基本的に私は

他人のレビューを取り下げろとか修正しろとか言う気はありません。

褒められたら喜びますし

貶されたら怒りますけど

お金を取って作品を出している以上は
(とんでもない悪質なデマでも吹聴されない限りは)

どんなレビューも存在自体は許容するべきだと思っています。

なので、レビューはご自由にどうぞ。

ただ、レビューを読むと良くも悪くも精神を揺さぶられてしまうので

読むとしたら

心身に余裕が有る時にしようと思います。


>さるさん フクロウちゃん謝らない

個人的にはあそこは

サーバルちゃんが蹴られること前提で話を組むとすると

フクロウちゃんはサーバルちゃんを避けようとしたが

サーバルちゃんがハイテンションで動き回るので当たってしまった

ってことにしたら穏便に済んだのではないか……と考えてしまいます。
(最後のデレとのギャップのためにわざと性格悪く書いたのかもしれませんが)

まあ、

1から頑張って組み立てた脚本家さんに対して

後出しでアレコレ言うのは簡単ですけどね。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


日記。

2017/02/23 10:44
ぼくのフレンドのfullバージョンから

勝手に結末を深読みして

号泣してるフレンズおるな。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/22 11:48
けものフレンズ七話もまあ面白かったけど

自分の中で

ジャガーさんと並んで神格化されている

聖サーバルちゃんに

フクロウたちが

特に理由もなく飛び蹴りくれて謝らなかったうえに

悪びれることなく嫌味を言い続けたので

『こいつら焼き鳥にしてやろうか』

今までにない殺伐とした気持ちでけもフレを見ることになった。

ジャパリパークの優しさに惹かれて見始めたので

あんまり倫理観の無い話をされると嫌だなあ。









記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


日記。

2017/02/21 21:10
画像


ガブドロは

マスター回が好きなんだけど

Yuri層の支持を考えると

マーケティング的に不正解で

これからもあんまり出ないんだろうかな。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/20 12:45
画像


この写真あまりにも絶妙すぎるけど

いったい誰がどうやって撮ったんだろう。(挨拶)




単独最高の狩人サーバル 50%成功の秘密は空襲
http://animalwritting.seesaa.net/article/438851225.html


実際にサーバルキャットは

高いジャンプ力を活かして狩りを行うらしい。

何気なく描写されているように見える

けものフレンズ一話の冒頭は

実は

1 サーバルが特に狩りを好む動物であること。

2 サーバルの聴力が非常に優れていること

3 サーバルは高いジャンプ力を持ちそれを活かして狩りを行うこと

などが描かれていて

サーバルキャットという動物を端的に表現しているようだ。

……けものフレンズの描写は本当に深く練られているが

あまりにも練られすぎていて震えるというか

見始めた初期と比べて

無邪気にたーのしー! とか言ってられなくなってきた気がする。

五話でかばんちゃんを良い動物だと言った

ビーバーとプレーリーは

害獣として人間に駆除される存在である。

そんなの知りとうなかった。

……。

したらな!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/19 10:52


この動画を見てから

けもフレを見返すと

前しっぽが固くなってしまうフレンズが居るらしいな。(挨拶)

画像


けもフレ七話のあらすじを見ると

フクロウちゃんが

情報の見返りに食い物を要求してくるらしくて

『ええ……聖人だらけのけもフレ世界にそんな普通のアニメに出てくるような俗なキャラ出して大丈夫かよ……』

『フクロウちゃんヘイト集めちゃわない? 作中随一の嫌われキャラになっちゃわない?』

と思ったんだけど

スクリーンショットを見たら

『あ、こいつら外面の可愛さで全て許される奴だ』

と悟った。(ニッヴァーナ)





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/18 10:18


どうしていかにもやる気なさげなのに

ボールにだけは食いつこうとするのか。






幼女戦記は

漫画版は

可愛い幼女のターニャちゃんと

上司との勘違いコントを描いた

愉快なほのぼのギャグ漫画なのに

アニメ版は

残虐な顔したデグおっさんが

ひたすら殺戮して回る

ヘルシングみたいな内容になってるから

一ミリも好感が持てない。

ぼくのかわいいターニャちゃんを返して……。

返して……。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/17 11:48
画像


何度も言うけど前作の元ネタは

バイオハザードとかシュタインズゲートではなくて

ゲッターロボです。(挨拶)




しんざきおにいさんの

サーバルキャットの説明を聞いて

『(横に)1メートル2メートル余裕でジャンプぅ……?』

『そんなん俺にだって余裕で飛べるよ。意外と小さい動物なんだな……』

と思ってたら

縦に飛んだのを見て

ものすごいビックリした。

これはしんざきおにいさんが信頼するのも頷ける。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/16 10:33


画像



けもフレみたいな優しい作品ばかり見ていると

創作者に必要な

邪悪さが損なわれてしまうので

妹の肛門に異物をねじ込む邪悪なゲームを

プレイするという

S級デビルズアクションで

画像


邪悪分を補充する。

もしけもフレが無かったら

一生サターニャたそ〜って言ってたであろうくらいには

カンナカムイちゃん好き。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/15 11:17
けもフレ6話も良かった。

ちょっといつにもましてCGのめりこみが気になったけど

普通にギャグアニメとして面白くて

「ヘラジカやべぇよ……」とか普通に笑ったけど

何より

一話の頃は食べないでーって言ってたかばんちゃんが

サーバルちゃんをかばって

食べるなら僕を……とか言う所が最高。

カメレオンちゃんのナノマシン兵装が

完全に光学迷彩なのも良いね。

スナネコちゃんの出番が少なかったのが残念だったけど

まあ、騒ぐことでもないか。

武器を持った集団に囲まれても平然としてたサーバルちゃんが

ライオンちゃんには青ざめてたけど

あれは

『ライオンは猫科の上位種だからサーバルちゃんにとって怖い相手だった』

ってことで良いんだろうか?

オーロックスとかは

結局は草食動物だからサーバルちゃんにとって怖い相手では無かった……という。

どうなんだろう?

あとハシビロコウちゃん可愛い。

……。

したらな!


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


日記。

2017/02/14 14:37
画像


サーバルちゃんって爪で攻撃するけど

サーバルちゃんの手って一見普通の手だし

攻撃する時に手が発光するから

実体の有る爪の攻撃なんじゃなくて

サンドスターの力で

爪の威力を具現化して攻撃してるんだとすると

実はフレンズの一人一人がナノマシン兵装を持ってるってことで

格好良くない?

四話で固まった溶岩を攻撃する所なんかも

まあ、溶岩は全くノーダメージなんだけど

あれナノマシンパキパキなんだとすると

ワクワクしてしまう。(少年の心)



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/13 12:42
画像


画像


未央「全然違うじゃん!」
武内P「……」
武内P「けものフレンズすごーい(cv武内駿輔」
未央「言ったよね? メイドラゴンは今期の覇権アニメ、このすばや幼女など恐るるに足りずって! それなのにこの結果は何!?」
武内P「けもフレの練りに練られた構成、優しいフレンズ達、ハイセンスなキャラクターデザイン、謎の有る世界観、素敵な楽曲……これだけの良作であれば当然の結果です。けど、平気平気。フレンズによって好きなアニメは違うから(cv武内駿輔」
未央「もういいよ! 私、メイドラ見るの止め……止め……」
未央「最新話たーのしー!」

画像


未央「プロデューサー、皆……私……メイドラ見続けて良かった……!」
卯月「未央ちゃんはメイドラゴンが好きなフレンズなんですね!」
武内P「良い笑顔です」

〜完〜







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/12 01:15
『リント・ルクローズ』(エロRPG)をクリア。

主人公のリントちゃんは良い子で可愛かった。

んだけど、

ひょっとすると自分の読み込みが浅いせいなのかもしれないけど

ストーリーに色々と釈然としないものが残った。

二周構成で

一周目はIF、あるいは伝承

二周目は正史という構成で

無職は

そもそも一周目が

伝承なのかIFなのかよく理解してないんだけど

仮に一周目を伝承だとすると

正史に実在する

僻地でちょっと主人公を助けてくれただけのチョイ役のフクロウさんとかいう

主人公本人しか知らないレベルのマニアックなキャラクター

伝承の中心人物になっているのがありえないし

そもそも伝説の騎士が僻地でセクハラ受けまくる伝承とか

ありえないので

IFで良いのかな……と思うんだけど

IFストーリーとして考えた場合に

『どこで決定的な分岐が生じたのか』っていうことが

明確に描かれていないので

なんとももやっとしたものが残ってしまう。

正史だと主人公はロイヤルストーカーに目を付けられていて

その時点で詰みじゃね? って思うんだけど

一周目でロイヤルストーカー一味が全く出てこないので

『正史の主人公はいつロイヤルストーカーに目を付けられたの? 何で一周目には出てこないの?

となってしまう。

『あくまで伝承だからロイヤルストーカーは居ない設定の作り話なんだよ』

とすると

主人公の結婚相手(当時有名な王族)すら不正確なのに

フクロウさんとかいう主人公しか知らないレベルのマイナーキャラが出てきたあげく

伝説の騎士がボロボロに凌辱される伝承

という意味わからんものになってしまう。

これがガチで伝承だとすると

『イノーズに途中退場させられたフクロウさんが未練ったらしくまき散らした俺TUEE物語』

とかになってしまう気がするんだけど

そんなフクロウさん嫌だ。

なので、やっぱりIFだと思うんだけど

するとやっぱり

『このポッと出メガネ、なんで正史でだけポロッと居やがるんだよ』

『いったいどこでどうしてポッと出メガネが居る世界線に分岐したんだよ』

『何か明確かつ決定的な取り返しのつかない分岐点が有ってボッと出メガネが出てくる悲惨な世界線に分岐したんじゃないのかよ』

ということになってしまってグルグルしてしまう。

それに、処女を失ったら主人公死ぬんだったら

フクロウさんと結ばれてもダメじゃん。

もう一つ釈然としない点があって

タイトルの

リント=ルクローズの

ルクローズは

別に主人公リントちゃんの苗字でも何でもなくて、

登場人物である

ヴォ『ル』ガノ
フ『クロ』ウさん
イノ『ーズ』 

を合成して作った言葉らしいんだけど

ヴォルガノ、フクロウさんはともかく

イノーズは主人公に倒される敵役Aでしかないので

『なんで敵役Aの名前がタイトルに組み込まれてるんだ?』

『ひょっとして作者の中ではこのお方が裏主人公なのか?

『どうして名前の頭じゃなくて真ん中とか尻尾から取ってるんだ?』

ヴォルクロウじゃあダメなの?』

となって

頭が非常に混乱させられてしまった。

けどまあ、騒ぐほどの事でもないか。

……。

……したらな!








記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


コメ返し。

2017/02/11 12:18
>Aggavamsaさん お大事に

ありがとうございます。全快しました。



>ななな名無しさん ヒロインを可愛いと思うかで評価が変わる

ス、ストーリーは……?



>名無しさん 応援

ありがとうございます。頑張ります。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/10 11:09
現実

画像


ジャパリパーク

画像



やっぱりジャパリパークって神だわ。(挨拶)

……。

以下、pixiv百科辞典より抜粋。

フレンズとは仏教でいう六道の最上位である天道-ジャパリパーク-に住まう者たちを指す。

フレンズ達は非常に長寿で、

空中浮遊を始めとした神通力-サンドスターパワー-を自在に使いこなす存在であり、

その生は平穏であり、

生きている間は大きな苦しみは無いとされている。

だが、その脳天気な思考故か

たーのしーからは開放されず、

仏と出会う事もないから解脱することも無い。

が、フレンズ達は特に気にすることなくパークでの生活を満喫している。

そして、死ねばサンドスターによりパークのいずれかに導かれ転生すると言われている。

……。

フレンズ五衰

フレンズは死の間際になると五衰と呼ばれる現象が現れる。

経典によって一部異なることもあるが、

概ね以下の5つが五衰として扱われている。

……。

衣裳垢膩(えしょうこうじ):衣服が垢で油染みる

頭上獣萎(ずじょうけもい):頭上の獣鬘(所謂ケモミミ)が萎える

身体臭穢(しんたいしゅうわい):身体が汚れて臭い出す

腋下汗出(えきげかんしゅつ):腋の下から汗が流れ出る

不楽本座(ふらくほんざ):心が満たされず『たーのしー』が出来なくなりナワバリにじっとしていることが出来なくなる

人間的に言えば「老化現象」であり、

とある経典によるとその苦しみは

地獄の責め苦の16倍にも匹敵するといわれているが

特に根拠は無いので心配する必要は無い。






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


サーバルえもん。

2017/02/09 22:50
画像


のび太くんをダメにするフレンズ貼る。

「のびたくんはあまりべんきょうがすきじゃないけものなんだね」

「へーきへーき! フレンズによってとくいなことちがうから!」





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/09 11:59
画像



かばんちゃんはドスケベ。(狂喜乱舞)




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シナリオ制作開始。

2017/02/08 13:25
『宵闇裁判』

主人公、ケンジが町を歩いている。

酔っているのか足取りが危うい。

ケンジ
「うぃ〜……ひっく」

ふらふらと歩く。車道を渡ろうとするケンジ。

そこへ車が突っ込んで来る。

(出来れば)ブレーキ音。暗転。

見知らぬ部屋に倒れているケンジ。

起き上がる。部屋には主人公以外にもう一人女性が居る。

エマ
「目が覚めましたか。ケンジさん」

抑揚のない口調で話しかけてくる女性。

ケンジ
「……誰だ貴様は?」
エマ
「私は……エマ」
ケンジ
「何者だ? どうして私を知っている?」
エマ
「私は……え……異世界の住人です」
ケンジ
「異世界……? カルトか何かか?」
エマ
「カルトとかでは無いのですが……」
エマ
「これで信じていただけますか?」

ケンジ、突然発火。

ケンジ
「あちゃ! あちゃちゃちゃちゃっ!」

走り回るケンジ。

ケンジ
「殺す気か!?」
エマ
「こうすれば信じていただけるかと思いまして」
ケンジ
「……小型の火炎放射器か?」
エマ
「では、次は雷を……」
ケンジ
「待て。わかった。理解した」
エマ
「お分かりいただけたようで何よりです」
ケンジ
「それで……拉致……されたのか? 私は?」
エマ
「覚えていませんか? あなたは酔って車道を渡ろうとしたのです」
ケンジ
「む……。待て。ええと……思い出した」
エマ
「車道に出たあなたの前に車が突っ込んできました」
エマ
「あなたの死亡が確定し、我々があなたを回収しました」
ケンジ
「回収? 何のために?」
エマ
「あなたの知恵をお借りしたいのです」
ケンジ
「知恵……?」
エマ
「この世には、あなたが居る以外にも様々な世界が有ります」
エマ
「いくつかの世界が同盟を組み、協力体制を築いてはいるのですが……」
エマ
「世界ごとに文明レベルに違いが有り、それを埋め切ることが出来ないのが現状です」
エマ
「それで、文明レベルの高い世界から知恵に優れた人々をスカウトしているのですね」
ケンジ
「この私に異世界で働けと?」
エマ
「はい」
ケンジ
「断る」
ケンジ
「私には私の生活が有る。ボランティアをしている暇は無い」
エマ
「わかりました。それでは……」
エマ
「私たちがあなたを回収する前の状態に戻しておきますね」
エマ
「あなたは大型車の突撃を受ける寸前でしたが……」
エマ
「運が良ければ半身不随くらいで済むかもしれません」
ケンジ
「……悪魔か?」
エマ
「どちらかと言えば天使ですが……」
ケンジ
「貴様達の奴隷どして一生を終えろと?」
エマ
「いえ。一生とは言いません」
エマ
「ある程度の成果を上げることが出来れば元の世界にお返しすることを約束します」
ケンジ
「ある程度? 一年でも元の世界から消えれば私のキャリアはズタズタだ」
ケンジ
「……」
ケンジ
「キャリア……か」
エマ
「ケンジさん?」
ケンジ
「良いだろう。異世界とやらに行ってやる」
エマ
「ありがとうございます」
ケンジ
「それで、私は何をすれば良い?」
エマ
「そうですね……」
エマ
「弁護士をお願いします」
ケンジ
「弁護士……?」
エマ
「はい。今、異世界では絶望的に弁護士が不足しているのです」
ケンジ
「私の職分からは外れるが……」
ケンジ
「アマチュア弁護士で役に立つのか?」
エマ
「はい。お願いします」
ケンジ
「それで、具体的な仕事は?」
エマ
「事務所を用意してあります」
エマ
「そこで依頼を集め、こちらが相応しいと判断した依頼をあなたに受けてもらいます」
ケンジ
「随分と場当たり的だな」
ケンジ
「文明レベルを改善したいのだろう?」
ケンジ
「憲法を作れだとか法改正をしろだとか言われるかと思っていた」
エマ
「法律というのは文化に根差したものですから、急な改革は逆効果です」
エマ
「社会全体を豊かにすることが出来れば法も自ずと良い方へ変わっていくでしょう」
ケンジ
「だと良いがな……」
エマ
「それでは、事務所にご案内します」
ケンジ
「行くか」
エマ
「行きましょう」

そういうことになった。


……。





どうなるかはわからんけど

まあ、チマチマ書き進めて行こうと思う。

……したらな!


記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


日記。

2017/02/07 13:48
無職は

最近はどんなアニメも大体配信で見られるし

ディスク入れ替えるの正直めんどくせーので

たっかいアニメの円盤とか

全く買わないタイプのフレンズなんだけど
(ディスク一枚にまとめてくれたら欲しいアニメも有るんだけど)

けものフレンズには

何か還元したいなと思って

1巻だけポチった。

まあ、ぶっちゃけディスクだけなら買わなかったと思うんだけど

実はディスクじゃなくて

ディスク付きガイドブックらしいので

円盤再生しなくてもある程度たーのしー……のかな?(わからん)

2巻を買うかどうかは

1巻のガイドブックの出来で決めようと思う。

……。

したらな!


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


プロット完成?

2017/02/06 13:11
裁判ゲーのプロット、

一応の形が出来る。

最低限の形にはなったかなと思いつつ

『傑作が出来るぞォ!』と

叫びたくなるような出来でも無く

『ミステリィ苦手なのにここまでやった俺頑張った』という

甘えが混じっている気がする。

この『甘えたプロット』で

実制作に入っても良いのか……

そもそもけものフレンズに脳を犯された今の自分にまともなシナリオが書けるのか

という悩みも有りつつ、

けど、せっかく組んだプロットなので

まあ、なんとか形にしてみようかな。

……。

したらな!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/05 14:35
http://cemetrygates1919.hatenablog.com/entry/2017/02/02/000714



2017年冬期、「たーのしー!」と感じるおすすめアニメ10選







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/04 15:00
画像












記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アニメ『けものフレンズ』の凄さを語りたい。

2017/02/04 12:50
無職ちゃん『私、夜行性だからね』(挨拶)

さて、今日は『けものフレンズ』の凄さについて語りたいと思いますね。

CGの出来は特に凄くも無く、物語にも起伏の無い平坦なアニメ……。

にもかかわらず、

このアニメは大勢のけものフレンズ中毒者を輩出しています。

けものフレンズはどうしてこうも人々を惹きつけるのか……。

それは、

キャラの可愛らしさ、話のユルさに対して

張り巡らされた不穏な伏線、ハードな世界観……ではありませんね。

まあ、魅力の一つではありますが、

中毒者を生み出す本質の部分ではありません。

『可愛さで釣って実は不穏』なアニメなんて

『ひぐらし』以前から有りますから

そんなに物珍しいものでもない。

それはスパイスにはなってもけものフレンズの中核では無いのです。

じゃあ、けものフレンズの魅力の本質は何か……と言うと、

作品全体に散りばめられた

圧倒的な善意、善行の量ですね。

とにかく、

フレンズたちが良い子で良い事をするのです。

それが他のアニメには無いけものフレンズ最大の魅力なのですね。

他のアニメを見てみるとわかるのですが、

アニメのキャラクターはそんなに善行というのはしません。

たまに人々を守るためにヒーローが悪役をぶっ飛ばしたりはしますが

悪役の人は暴力でぶっ飛ばされて痛いし

一人の悪役をぶっ飛ばすのに何話もかかったりして

そんなにたくさんの良い事はしていませんね。

大体、現代日本人にとっては

善行というものは難しいし胡散臭いものなのです。

五体満足な人間が

現代日本で真面目に生きていれば

生きるに困るなんてことはあまりありませんし、

だから、日本人は隣人を助ける必要があまりない。

逆に、

日本人が『生きられないよ助けてくれよ』なんて言ったら

それはもう大変なことですよ。

『手術で大金が必要になった助けてくれよ』とか

『借金の連帯保証人になっちゃった助けてくれよ』とか

ヘヴィなことを言いだします。

隣の人がいきなり二千万借りに来たとして

それをポンと貸せますかね?

私だったら貸せませんし、

貸す奴はちょっと頭がおかしいんじゃないかとか思いますね。

あとは仕事で同僚を助けたりすることはあるかもしれませんが

元々給料という見返りを貰って働いているわけですし、

人助けというよりは役割分担の側面が有ったりして

純粋な善意による人助けなのかというと疑問が残るところがあります。

逆に、働きもせずボランティア活動なんかしてる人が居たら

『君、仕事もせずに何やってるの? 金持ちのボンボンなの?』となってしまったりもしますね。

とにもかくにも、

世の善行というものは行い難く、かつ胡散臭いものになっています。

それに対して、

けものフレンズはどうですかね?

今までに放送された四話分の内容だけでも

とてつもない数の善意、善行が描かれています。

フレンズたちは

何の見返りも無いのにかばんちゃんを助けてくれます。

サーバルちゃんは

何の見返りも無いのにかばんちゃんを道案内してくれますし

『得意なことが見つからない』かばんちゃんを

純粋な善意で励ましてくれます。

カバさんも

かばんちゃん達に対して善意で助言をしてくれますし、

カワウソちゃんは

重いバスのパーツを運ぶのを手伝ってくれるし

ジャガーちゃんに到っては

何の見返りも無いのに毎日河の渡し守をしている。

アルパカちゃんはまあ唾は吐いたけど

見返りなく皆に紅茶を振る舞ってくれるし

トキちゃんは何の嫌な顔もせずに

人間一人を岩山の上まで運んでくれる。

通して見るとダース単位の善意、善行が視聴者に襲い掛かってきます。

……彼女たちは天使ですかね?

特にジャガーちゃんは何なんですかね?

渡し守とかいう重労働をどうして何の見返りも無く続けられるんですかね?

これ、

現実でやってる奴が居たらキチガイですよ。

だって、

そんな無償の重労働やってる余裕が有ったら働けよってなるじゃないですか。

で、『金なら十分有るよ』って言われたら

『へぇ? 金持ちのボンボンはうらやましいですなあ』って。

現代日本ではそうなりますよ。

凄いと思う反面『こいつ頭おかしいんじゃねえのか?』って思いますよ。

けど、彼女たちはおかしくない。

なぜなら彼女たちは人間じゃないから。

人間ならおかしいこともフレンズがするのならおかしくはないのですね。

かばんちゃんも

ジャパリパークという知らない場所に放り出されて本当に困っているから

かばんちゃんを助けるという行為もただのおせっかいではない。

自然な人助けになってしまう。

『現代社会やったら頭おかしいと思われるレベルの善行』を

『人の社会ではない滅亡した世界だから』

『せわしなく働く人間じゃなくてゆとりのあるフレンズだから』

という理由で描き切る。

これがけものフレンズの凄さなのですね。

『ああ、普通の生き物が滅びたことでやっと世界が本当の愛に満たされたんやな』って

ボロボロ泣いてしまう。

で、間違って一度に何話も見てしまった視聴者は

普通に生きていたら到底味わうことの無いレベルの善意を照射されて

頭がおかしくなってしまうのですね。

私もけものフレンズを四話通して見た時は大変でした。

人間では耐えきれない量の善意をピカーッと浴びましたからね。

しばらくはけものフレンズのことばかり考えて

日常生活も覚束無い状態が続きましたね。

けものフレンズを見たことが無い皆さんは

なるべく一日の摂取量を一話以下に抑えて

ゆっくりゆっくり視聴するのが良いと思いますね。

脳をやられますからね。

……。

したらな!



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


日記。

2017/02/03 11:56


一週間待たないと

けものフレンズの最新話を見られないという

世の中の仕組みにブチ切れそう。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/02 12:09
かばんちゃんの

本当の愛に

無職のけものフレンズを

うぇるかむとぅーざジャパリパークしたいのぅ……。








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日記。

2017/02/01 12:43
画像


画像


画像


画像


……。

マジかよ原作者最低だな。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

ケフィア繰り生き物の洞穴(無職)2 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる