ケフィア繰り生き物の洞穴(無職)2

アクセスカウンタ

zoom RSS 六十億分の一の男。(日記)

<<   作成日時 : 2014/10/19 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自分は何のとりえもない凡庸な人間だと思っていたけど、

最近、

自分はしゃっくりを止めるのが世界一上手いのではないか

という事に気がつく。

『あ、しゃっくりが始まったな』と思った次の瞬間から

しゃっくりに二の矢を引かせる事無く完封出来る。

たかがしゃっくり、

だが、たかがしゃっくりの事であっても

世界一上手いという事は誇っても良いのでは無いか。

次から、初対面の人に自己紹介する時は

「どうも。世界一しゃっくりを止めるのが上手い◯◯◯◯です」

自己主張することも可能なのでは無いか。

これは凄い発見である。

なんだか、生きる希望が湧いてきた。

問題は、自己紹介をする相手が居ないということだが……。

したらな!


戦国無双4
コーエーテクモゲームス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦国無双4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
六十億分の一の男。(日記) ケフィア繰り生き物の洞穴(無職)2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる