ケフィア繰り生き物の洞穴(無職)2

アクセスカウンタ

zoom RSS ポエム。

<<   作成日時 : 2012/09/01 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

元々生きるのが辛くて生きるのが辛いタイプの人間だったので、

『どうしたら幸福になれるのか』ということはよく考えた。

富だ。地位だ。名誉だ。

色々とそれらしい事を考えた末に至ったのは、

幸福になるのに必要なのは才能だという結論だ。

才能と言っても、勉強が出来るとかスポーツが上手いとかではない。

人格的な、幸福を得るための資質。

わかりやすく言えば、心の強い人間は幸福だということだ。

どれだけ地位や名誉が有っても、

人格の弱い人間は無様に藻掻いている。

そして、人格というのは案外どうしようもない。

遺伝であれ、幼少期の環境であれ、

人は幼い頃の人格を引きずって生きていく。

だから、そいつが真に幸福になれるかどうかは

子供の頃に決まっているんじゃないかと思う。

コンプレックスで歪んだ子供が大きくなって地位を手に入れたとする。

そいつは真っ直ぐで強い人間になれるだろうか?

どうにもイメージし辛い話だ。

歪んだ人格で弱者を追い詰める様を想像してしまう。

そんな生き物を幸福だと呼称するのはどうにも違和感がある。

幸福は才能じゃあないか。

言ってしまいたくなる。

才能が無いので技法で誤魔化す。

言葉のない世界へ行った。

安らかで、退屈だった。

戻ってきて、何か絵を描いた。

歪んだ絵だった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ある歪んだ絵を見て泣きもしたし、笑いもした。
心がかつてないほど動かされた。
agent2048
2012/09/03 01:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポエム。 ケフィア繰り生き物の洞穴(無職)2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる