ケフィア繰り生き物の洞穴(無職)2

アクセスカウンタ

zoom RSS 捏造少なきを殺し多くを生かすのが正義とかいう中二病。

<<   作成日時 : 2012/07/01 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今日も捏造というか難癖つけていきますか。

『人命を切り捨てる選択』とかいうのが有ります。

皆さんは、人命を切り捨てる選択をした事は有りますか?

私は無いですが。

救急のお医者さんならよくある事なのかもしれません。

誰を先に治療すべきか。誰を優先して生かすべきか。

ただ、お医者さんの場合

『助け切れなかった結果人が死ぬ』のであって

『積極的に誰かを殺して他の人を救う』わけでは有りませんが

フィクションでは、

『積極的に誰かを殺して見知らぬ誰某を救うべきだ』

みたいな話が良く有るのですね。

まぁ、脇役でそういうキャラクターが居る分には構わないのですが、

主人公がそういう思考をしていると『はぁ!?』って思いますね。

どうしてかって。

『顔知らぬ誰かが幸福に暮らせたら良い』なんてのは底抜けた善人の思考です。

善人じゃ無い普通の人だったら他人の不幸はメシウマでしょう?

普通、物凄い善人は誰かを殺そうなんて考えないじゃないですか。

本当に思いやりのある人間っていうのは

殺さないと自分の命が危ないって時でも

相手を殺せるかどうか危ういところがあります。

『積極的に誰かを殺そう』なんて思ってる時点でそいつは真っ当な善人じゃ無い。

性格悪い。

自分が大好きで思いやりの気持ちが無くて性格が悪いから積極的に人を殺せる。

その性格の悪い奴が『名も知らぬ他人の命を救う!(キリッ』とか言ってる。

家族や恋人の命を救うなら『自分大好き!』の文脈で理解できますけど、

他人を救いたいっていうのはちょっと意味がわからない。

『私は性格が悪くて他人の命になぞ頓着しませんが全力で他人の命を救います』

破綻してますよね?

主人公が破綻してたら困りますから、

仮面ライダー龍騎とかだとそういうのはやられ役として出てくる。

じゃあ、どうして破綻した事をこいつらは言ってるんだろうって話になるんですけど、

本当は人命になんか興味は無いのだと考えるとしっくり来ます。

実際、龍騎の教授は英雄という概念を最重要視しており、

英雄になれさえすれば救おうとしている人々の命などどうでも良い

とさえ読み取れるほどでした。

他にはアーマードコアフォーアンサーのマクシミリアン・テルミドールなどは

自分が死亡確定して人類がヤバいというのに

『そんな運命-サダメ-か……』とか『人類を壊死させるのだ……』とか

あらかじめ考えておいた自前のポエムを読むのに必死です。

衛宮士郎などは『ロリっ子に惨殺された親友』を完全スルーしている有様で

その親も『自分のせいで飛行機の乗客が死んだこと』はスルーして

育ての親を撃ち殺す自分に酔っ払っているだけ。

飛行機の乗客っていう他人が死んでも涙一つ流しませんけど

自分の親とか愛人が死んだら号泣しますから。

『一殺多生』を信念とするような連中は多生になど興味は無いのですね。

大勢を救ったという勲章だったり、血にまみれたカワイソーな自分だったり。

『多生』を口実に、『自己満足のための概念的充足』を満たそうとする狂人なのです。

少なからず自分に酔っている。

そんな奴を好きになれるわけもありませんから、

そういう思想の持ち主が主役を張っているとげんなりしてしまう。

キリツグ、てめーだ。

「人類など、どこにも居ないさ。オッツダルヴァ」

普通の人(無職)はウィン・D・ファンションを応援しています。


電撃大王 2012年 08月号 [雑誌]
アスキー・メディアワークス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 電撃大王 2012年 08月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
捏造少なきを殺し多くを生かすのが正義とかいう中二病。 ケフィア繰り生き物の洞穴(無職)2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる